MIND SCAPE 2021 

 
どこかで見たような情景。どこか温かく懐かしい景色。
中川運河はデジャブを抱かせる。
棲みついた過去が突然、呼び覚まされるような感覚。
運ばれることなく、沈殿し、変容し、ひっそりと息づいてきた
「語られることない物語」を紡ぐ。

 アート作品制作プロジェクト

 


Terraforming  
生体安置

 
 
 

   

一つの延長線上にある生と死を行き来する

 

待つこと
思い出すこと
手放すこと
定まらないこと
未知を受け入れるということ
休息すること
 
わたしたちという自然が動くこと
 
 

今、死は数字になり、忌むべき見慣れた風景になり、永遠の安息への移行としての死が尊厳を失いつつある。生きたシステムである自然の身体は必ず死の安息を内包している。この作品は、その常にある安息を意識の移行により体験するものである。 
 

体験型インスタレーション作品